本校では、くくり募集(普通科、理数科を一緒に募集)により、1年次は全員同じ科目を学習します。 
2年進級時に自分の進路希望に対応した学習ができるよう、普通科文型、普通科理型と理数科(1クラス)の3つのコースを設けています。

1年 普通・理数科

全員同じ教科を学習する

2年 普通科、理数科

<文型>国語・英語・地歴公民に重点を置いて学習する
<理型>数学・理科に重点を置いて学習する
<理数科>数学・理科の学習を中心に課題研究等を行う

3年 普通科、理数科

<文型>国語・英語・地歴公民の学習を深め、文系の大学進学をめざす
<理型>数学・理科の学習を深め、理系の大学進学をめざす
<理数科>数学・理科の学習を究め、難関大学理工系学部、医学部への進学をめざす

平成28年度教育課程表(PDF)


 

理数科の特色

能代高校理数科紹介1  能代高校理数科紹介2

理数科の教育目標

能代高校理数科は、自然科学や科学技術の目覚ましい進歩、国際化や情報化、さらには環境問題への関心の高まりなど、社会の変化に対応できる科学的・数学的な能力を高め、柔軟な思考力と新しい進歩を生み出す創造的な能力を育成します。
課題研究を通じて探求心を培い、最前線の研究に触れることにより、未来を担う科学者や技術者の芽を育みます。

理数科の特徴

★数学・理科の授業時数増で、理系に必要な学力を身につける。
★理科(物理、化学、生物、地学から)3科目履修で難関理系大学を目指す。
★「課題研究」の時間を通して、問題探求の能力を身につける。
★大学教授等の出張講義・講演に触れて、科学的視野を広げる。
★最先端の研究所の施設・設備を見学し、興味関心を深める。
★県内の理数科設置高校と、研究発表や情報交換を通じて交流を図る。