~生徒の夢を育み、地域の期待に応える学校を目指して~

校長 菊池 一二三  

 皆さん、能代高等学校のホームページにようこそおいでくださいました。
 本校は、大正14年に秋田県立能代中学校として開校しました。以来厳しい時代の流れに翻弄されながらも、間違いなく充実発展の歴史を積み重ね、昭和28年4月に秋田県立能代高等学校と改称して現在に至っておりますが、昨年度、創立90周年という節目の年を迎えました。この間、校訓である「至誠力行」の教えのもとに学業に励み、学舎を巣立った卒業生はその数2万名を超え、地域社会を支えるリーダーとして、また国内外、各分野で活躍するなど、これまで多くの有為な人材を社会に送り出してきております。
 また本校の校是は「文武両道」であり、本校で学ぶ生徒たちは部活動にも懸命に取り組んでおります。体育局18、文化局15という部活動の数はそのまま活動の充実振りを表しており、部活動の歴史は栄光の軌跡でもあります。全国優勝は体操部、男子バレー部、軟式野球部が飾っており、硬式野球部は甲子園出場4回を数えるなど、多くの運動部が全国大会に出場しております。文化局においても弁論部、無線部、放送部、文芸部などは全国大会の常連であり、数多くの入賞を果たしております。このように、各部ともに上位大会での活躍を目指して活動に励み、自己修養と人間形成に努めております。
 進路指導においては、、自分の能力や適性を見つめ、興味関心が何処にあるのかを理解するとともに、しっかりとした職業観を持ってもらうために学年に応じた進路学習を計画し、進路についての認識と理解を深める「Will Project」に取り組んで成果を上げてきております。生徒たちはこのプログラムにしたがって進路学習を行い、それぞれ高い志をもって学業に励み、自己の進路を切り開いて社会に巣立っております。
 本校はこれからも、地域の期待に応え、地域を支える人材を育成し地域と共に歩む、地域から愛される能代高校でありたいと願っております。そして生徒一人ひとりが勉強に部活動に励んで充実した高校生活を送り、能高生として誇りの持てる学校づくりを進め、創立100周年に向けて新たな伝統と歴史を築いていく所存でおります。  
今後とも、これまで同様のご指導とご支援をいただきますよう、よろしくお願いいたします。